So-net無料ブログ作成
検索選択

チャンス

さて、昨日書いた「問題」ですが。

幸にはとても仲良しのいとこがいました。
年齢が半年違いで、私達がNCにいた時はもちろんのこと、
引っ越してからも遊ぶチャンスがあればべったりつるみ、
幸のNCへの旅の80%の目的はその子(Tちゃん)と遊ぶことでした。

ところが前回のNC訪問でその関係に変化が起きました。
義妹(Tちゃんの母)の新しい旦那に同年代の娘がいて、
娘は普段は母親と住んでいるのですが、クリスマス時期などになると
父親を訪問するため、Tちゃんとつるみはじめたわけです。
そこで意気投合したんでしょう、、それはすばらしいことだと思うんですが、
なんと文字通り「華麗に」幸をスルーしたらしい。
それで前回の訪問は幸はとてもみじめな時間をすごしたみたいです。
(私は日本にいたので見てない)
ダンがかなりお怒りでした。

今回もその傷を負っていたので、最初は「結婚式には参加したくない」と
言っていました。私達も無理強いはさせないつもりだったのですが、
だんだん気持ちが回復したのか、
「行く。いってT2ちゃん(Tちゃんの5つ違いの妹)とつるむ!」と言い出しました。
で、今回の式参加となったわけですが、案の定華麗にスルー。
見事にスルー。無視です。おもいっきり無視。
原因がないので気が楽なのか余計につらいのかはわかりません。
でも幸はまゆや他の従兄弟たちと時間を過ごしていました。
退屈だったこともありほんとはもっと早く帰りたかったみたいだけど、
お父さんの久しぶりの家族タイムだから我慢してあげて」と
私が声をかけたのでぐっと我慢。
よくがんばったと思います。

私にもいとことのいざこざはあったし、女の子同士ならいくらでも起こりえる
出来事だと思います。でも義妹の子供は以前にも前科があります。
Tちゃんの姉がほぼ同じことを義姉の子供にして、義姉の子(Aちゃん)を
深く傷つけています。
義姉(ダン兄の嫁・Aちゃんは義姉の連れ子)は、「娘のことがあるから幸の
ことも心配だった。でも幸は気づかず楽しんでいるかもしれないと思うと
声がかけられなかった」と気遣ってくれていました。

義妹の子供たちは特別意地悪とかではありません。
でも目の前にある大好きな友達に集中すると、周囲に配慮できなくなる
タイプなんだと思う。(特に思春期になると)
幸も同じ立場に陥りかねないわけで、こういう経験をしておくことは
大切だったと思います。(実際に某グループで3人組の渦中にいる)

いとことも時間がたって普通の距離で(今までどおりに親密でなくても)
仲良く話せるようになるといいんだけどね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。